平成17年度モデル賃金調査結果

モデル賃金とは
モデル賃金とは、学校を卒業したのち直ちに入社し、その後も引き続いて同一企業に勤務し、標準的な昇進をしたものについて、例えば「総合職・大学卒・事務・27歳・勤続5年」というように学歴・職種・年齢・勤続年数について設定条件(モデル賃金)をあらかじめ定め、それに該当する者の賃金額を各設定条件ごとに単純算術平均し、その水準を確定する方法である。
調査対象: 広島県内13商工会議所会員事業所(2,510事業所)
調査方法: 郵送によるアンケート方式
調査時期: 平成17年7月から8月
調査項目: 平成17年度7月度の学歴・年齢・勤続年数別モデル賃金
7月度に平成15年度の賃上げが未了の場合は、賃上実施後最初の賃金

モデル賃金のすう勢
モデル賃金の水準を所定労働時間内給与の全業種平均でみると、以下のようになる。
@総合職・大学卒・事務
 22歳(勤続0年)の初任賃金18万9千円台を出発点に、年齢を加えるにしたがって賃金額は増加し、25歳で20万9千円台、30歳25万1千円台、40歳34万9千円台、50歳45万3千円台、55歳(勤続33年)では47万9千円台となっている。
 初任時を基準(=100)として、各年齢における伸びをみると、30歳で1.32倍、40歳で1.84倍、50歳で2.39倍、55歳では2.53倍程度の伸びとなっている。
A総合職・短大・高専卒・事務
 20歳(勤続0年)16万9千円台、30歳22万5千円台、40歳30万3千円台、50歳37万3千円台、55歳(勤続35年)では41万3千円台と初任賃金の2.44倍程度の伸びとなっている。
B総合職・高校卒・事務
 18歳(勤続0年)15万7千円台、20歳16万7千円台、30歳22万5千円台、40歳30万5千円台、50歳38万1千円台、55歳(勤続37年)では40万円台と初任賃金の2.55倍程度の伸びとなっている。

調査結果
はしがき(4ページ:43k) 概要(3ページ:31k) 全業種計(1ページ:15k)
地区別(6ページ:74k)

地場出先(2ページ:26k)

全業種(6ページ:75k)

製造業(7ページ:81k) 非製造業(7ページ:82k) 業種別(5ページ:59k)

これらのファイルを表示するにはアクロバットリーダー(Acrobat Reader)が必要です。
アクロバットリーダーはダウンロードページから無償でダウンロードできます。