【経営セミナー】 〜人工知能の社会に与える影響〜人工知能(AT)が製造業に与える衝撃

ご案内

人工知能とは、人々が行うふる舞い(行動)を参考として、これを人工物で実現しようとする研究です。
つまり、これは人の知能を理解するための研究であるとも言えます。ロボットが人々と一緒に遊んだり、先生になったり、また人助けをしたりと、我々の身近な存在になる日はそう遠くありません。
人工知能技術の発達は、自動運転・医療・災害の予測等さまざまな分野にも大きな変革をもたらしつつあります。
将来はビジネスの世界にも応用できる“汎用技術”的な性格を持っており、その将来が期待されています。
テレビやニュースで話題になっている人工知能について分かりやすく解説します。


チラシをDLいただきFAXでもお申込みいただけます。

ページのトップへ戻る

当日の内容

  • 人工知能にはなにができるのか
  • 人工知能が製造現場で役立つことは何か
  • そもそも知能ってなんですか?
    〜ロボットの知能と動物の知能にいて
  • 人工知能にも得意不得意がある
  • 人工知能を使いこなすには
  • 将来はどうなるのか、人は機械に負けるのか
  • 技術上の特殊な転換点2045年問題とは?

ページのトップへ戻る

開催概要

 ●日時
平成29年6月20日(火) 14:00〜16:00
 ●場所
三原商工会議所
 ●受講料
無料
 ●定員
50名(先着順)
 ●主催
三原商工会議所 中小企業相談所

ページのトップへ戻る

講師紹介

匠 習作(たくみ しゅうさく) 氏
匠習作技術士事務所代表 / イノベーションコンサルタント

1962年生まれ。北海道函館市出身。
1988年より医療機器メーカー勤務。1991年より20代で工場長就任。2014年まで23年間、医療機器製造工場の生産管理、人材育成、生産技術に携わる。一方、システムアドミニストレーターとして、工場の 情報システムを構築・運用を行う。
10年以上前、AIを活用した工場内の温度管理システムなどを開発。
2016年独立、医療機器業界転進コンサルタント、医工コーディネーター等次世代のエンジニアを育てるべく、技術士試験対策講座も  主催、分かりやすい解説で人気講座となる。

ページのトップへ戻る

お申込み

  • ご記入いただいた情報は、法令に基づく場合などを除き、承諾なしに第三者へ開示・提供することはありません。ただし、三原商工会議所の事業活動、サービス提供とこれに付随する業務を行う目的の範囲内(出席者名簿の作成、説明会案内の送付・講師への名簿提供)で利用させていただきます。
事業所名
メール
メール(確認用)
所在地
業種  
TEL  
受講者名
※複数名でのお申し込みはお名前を改行しご入力ください。
コメント  

この申込みには、SSLによる暗号化通信を使用しています。
SSL通信を開始しますかと表示されましたら、「はい」を選択しお進みください。
IE.7以上をお使いの方は、「このサイトの閲覧を続行する (推奨されません)。 」を選択しお進みください。
IEエラー画面

ページのトップへ戻る