三原市観光文化課
道の駅みはら神明の里
三原観光協会
三原だるま工房
みはらんガイド

「神明祭」とは、伊勢神宮を祀る祭りのことを言います。

「神明祭」とは、伊勢神宮を祀る祭りのことをいいます。
この信仰が全国に広まったのは、室町末期で、三原もその頃、この地方の港町として栄えつつあり、当時、九つの町組が寄り合って始めたのが祭りの起こりと言われております。毎年2月の第2日曜日を含む前3日間、東町、館町、本町一帯で行われる神明祭りは、往時には旧暦1月14日に、とんどをまき、神棚を飾り、伊勢神宮の弊を観請し、あちらこちらの店先に翁人形やだるまを飾りつけ、東町、館町一帯に数百の露店が立って、身動きできない程の人出で賑わいました。
三原城を築いた小早川隆景は、この祭りを大切なものとし、瓶子一対を寄進し、近郷より繰り出す景気人出の模様を見て、その年の豊凶を考量されたと言われています。
備後地域の春祭りのさきがけとして、その遺風は現在まで受け継がれています。

| 神明市の歴史 | 神明市の人出の推移 |三原神明市行事実施計画

新着情報をFBページで紹介しています。

神明市会場案内図

期間中、会場周辺は大変混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用上お越しいただきますようご協力をお願いいたします。

三原神明市のいろいろ

神明大ダルマ

神明市のシンボルになっている大ダルマ。
三代目は、高さ4.3m、廻り(直径)3.5m、重さ180kgです。
高さ4.5mのところに設置されます。
三代目大ダルマは、昭和35年(1960年)に製作されたもので、平成8年(1996年)に、大規模な修繕がおこなわれました。
平成18年(2006年)には、道路拡張により、新しい台座が用意されました。

平成25年1月、半世紀ぶりに大ダルマは新調され四代目となり、神明市でお披露目されます。
四代目大ダルマは、高さ3.9m、廻り(直径)2.9m、重さ約500kgと少し小さく重くなりました。鉄骨の骨組みに新聞紙やクラフト紙を貼り合わせて、樹脂塗装により色付されています。

 今では、神明市そのもののシンボルともいえるこの大ダルマですが、もともとは、東町四丁目町内会が、「だるまくじ」を販売する目印に、昭和25年頃から設置したのがはじまりといわれています。

 

神明市(露天商等)

全国から約500軒を越える露店商や催し物などが軒を連ねます。
たこ焼き、たい焼き、リング焼き、フランクフルトやから揚げなどの飲食露店をはじめ、金魚すくい、射的、スマートボール等のゲームの露店など各種露店商がいっぱいです。
この祭りは、特に翁形の歳神を祀り、防災の神である道祖神に因む大市場祭などを総合する形態をそのまま伝承しており、わが国の民族資料としても貴重な注目すべき祭事と言えるでしょう。

神明市の名物 東町四丁目町内会の「だるまくじ」 。当たってうれしいものがいっぱいです。商品なくならないうちに是非運試しでどうぞ。
大ダルマ付近で行われています。

 人気のお店には、沢山の人が並びます。

植木市

三原の神明祭は、古式をそのまま残した行事として近郷近在の人達が、われもわれもお詣りする「賑やかしの市場祭」として独特の雰囲気をかもし出す面白さがあり、もとは農具、苗木、種子物などが売られたことにより植木市に発展したと思われ、参詣者の楽しみの一つとなっています。

ダルマ市

江戸時代の末頃から、神明市で縁起物として鉢巻きダルマが売られはじめ、別名「ダルマ市」とも言われるようになりました。神明市に集まった人々は家族の数だけダルマを買い求め、その背に一人ひとりの名前を書き入れ神棚に供え、一家円満、開運縁起物として珍重されてきました。

「ネーム入りダルマ」の注文について 【要事前予約】

ネーム入りダルマ予約&追加受付け票

東町五丁目町内会 有志にご協力いただき、ネーム入りダルマの注文用紙を掲載しました。
左図をクリックし、必要事項をご記入の上、ファクシミリによりお申込みください。
お申込みいただいた後、注文確認の電話が入りますのでよろしくお願いいたします。

※ネームが入れられるのは、10号(3,000円)以上のダルマです。

※ダルマのサイズとおおよその価格

※金額はあくまでも目安です。各ダルマ市毎に実売価格が異なります。

三原ダルマ

「願いが成るように」と鳴り物の鈴や小石をいれ、頭が細長く豆絞りの鉢巻をしてるのが特徴です。人のこぶし大のだるまを「にぎりだるま」といいます。神明市でそのだるまを家族の人数分買い求め、だるまの裏にめいめいの名前を書いて神棚に供え、毎朝そのだるまを見て、家人一人ひとりの安全と繁栄を祈ったという言い伝えがあります。 (→)三原だるま工房

神明市の際に、三原ダルマの販売は、本町中央通り、だるま工房前にて行います。数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにおもとめください。

三原だるま
規格 大きさ(cm) 値段(円)
  2,500
  1,000
  500
※数に限りがあります。お買い求めをご希望の方はお早めに。

神明御山

三原では、伊勢神宮の神霊(分霊)を小正月(旧1月14日)の左義長のときに祀っていました。左義長は、正月に飾った松飾りや注連縄などを集めて焼く行事(とんど)で、この日に神明様の祭りを行ったことから、左義長のためにつくる注連山を「シンメイ」と呼ぶようになったと言われています。 神明御山は、正月4日から作りはじめ背の高い竹(高さ九間)を芯にして、正月飾りに用いた松、山草、藁などを利用して長く巻き立てるよう御山を作り頂天に神弊を立て、竹の枝には日の丸扇を吊り、竹の周りに扇の丸を配しその下に若草の丸、梅の丸、紫の丸を順次つけ、竹を配して神の宿る標山として祭られ、極めて神聖なものとして取り扱われます。
(写真は、JR三原駅前の御山 夜間はライトアップされる。)

その他の御山
東町の御山
古浜の御山

ダルマ供養塔

神明市では、願いを叶えてくれたダルマを供養する供養塔が設けられます。
神明市にお越しの際は、願いを叶えてくれたダルマを供養塔にお持ちください。

 
東町神明会館前
東町御山前

神明市の主な行事予定(平成28年度)

期日 行事 予定時間 場所・備考
1月20日(水) 神明市連絡協議会 14:00〜15:30 三原商工会議所
1月24日(日) 御山たて(駅前大とんど) 07:30〜12:00 三原駅前広場 (2/17撤去)
2月10日(水) 神明大だるま設置 08:30〜00:00 東町 (2/17撤去)
2月12日(金) 三原城 築城450年事業 プレオープニングセレモニー
※時間は予定
13:00〜14:15 JR三原駅浮城広場
2月12日(金) 第2回復活!三原だるま あの光景をもう一度 14:00〜15:00 三原駅→東町大だるま付近
※雨天の場合は三原駅構内
2月13日(土) 津軽三味線・お笑いトークショー 10:30〜00:00 神明会館特設ステージ
2月14日(日) 少年剣道競技大会 09:00〜15:00 三原小学校体育館
2月14日(日) コント・歌謡ショー・落語 10:30〜00:00 神明会館特設ステージ
2月12日(金)
2月13日(土)
2月14日(日)
三原だるまの販売
※売り切れ次第終了
10:00〜16:00 JR三原駅浮城広場・隆景広場
2月12日(金)
2月13日(土)
2月14日(日)
植木市
各種露店商(約500店舗)
興行
09:00〜20:00 本町・館町
本町〜東町一帯
東町第一公園
※都合により変更となる場合もありますので、ご了承ください